ヘンププロテインの美味しい食べ方?

ヘンププロテインに甘みを加えた美味しい食べ方?

プロテインの飲み方といえば、水・牛乳・豆乳などに入れて飲むと思います。
これが一般的だと思います。

しかし、私の場合は、自家製の豆乳ヨーグルトに入れて、飲むというよりも、食べています。

好みに寄ると思いますが、私は、こっちのほうがいいです。
それは、本来のプロテインの目的と違って、便秘の解消を目的にしているからですね。

なので、プロテインは動物性よりも、植物性の食物繊維の多い、ヘンププロテインがいいと思います。

それに、栄養成分も豊富です。
足らない栄養の補給には、もってこいではないでしょうか。

そして、自家製の豆乳ヨーグルトに、ヘンププロテインを入れています。
そして、きな粉と、はったい粉も入れています。

どんな味になるのだろうかと、思われるでしょうけど、違和感なしに食べれます。

食べやすいように、自家製豆乳ヨーグルトを作るときに、少し多めに黒糖を入れています。

そのままでも、食べれるのですが、ときには、少し甘みが、ほしいときがあります。

そんなときは・・・

なんと言っても、これが一番?

甘みを加えたいときは、なんと言っても甘酒です。
これに、まさる物はないと言っていも、過言ではありません。
甘酒は、飲む点滴といわれているように、非常に栄養価が高いです。

その栄養価の高い甘酒は、また、便秘解消に、もってこいのオリゴ糖や、食物繊維も豊富に含まれています。

これは、麹菌で作られた甘酒に限ります。
酒粕で作られた甘酒は、嗜好品です。

そして、なんと言っても、栄養価もさることながら、砂糖を使っていないのに甘い。
その甘さの秘密は、なんなのでしょうか?

甘さの秘密は、麹菌と、米が、仲がいいから?
ピンポーン!
あたりです。

米のでんぷん質を、麹菌の発酵で、米のでんぷん質をブドウ糖にかえてしまったからです。

その甘酒の甘さを利用して、

ヘンププロテイン、
自家製豆乳ヨーグルト、
きな粉、
はったい粉、

をどんぶりに入れて、甘酒で、固さと甘さを調節します。
(入れる分量も、好みで調節してください。)

胃を休ませて、ちょっと、少食にしようかなと思ったときは、この組み合わせを、一食分にするときもあります。

この甘酒は、きな粉と、はったい粉の組み合わせだけに、入れても結構いいですよ。

甘いものが、ほしくなった時の、おやつ替わりにいいですよ。
割合は、好みによって変えてくださいね。

固めのほうがいいのか?
柔らかめのほうがいいのかは、きな粉と、はったい粉で調節してください。

ダイエットは、食事制限や甘いものを控えめに、されていると思います。
しかし、食事を控えめにしても、体のために栄養は摂らないといけません。

↑ PAGE TOP