ヘンププロテイン 食物繊維で悩む便秘も 便秘知らずスッキリ!

便秘で悩んでいる方は、全国に多くの方が、いらっしゃると思います。
便秘知らずで、過ごしたいと願っている、サイトに訪問して頂き、有り難うございます。
私は、男性です。男性で、便秘になるのは、めずらしいと思います。
しかし、長年便秘を抱えていました。

そして、最終的に、苦しい思いをした経験があります。
あなたも、便秘の悩みを抱えていらっしゃるのでは?
男性の場合は、ストレスが原因で便秘になる事が、多いようです。
今では、便秘知らずで、スッキリとした生活ができるようになっています。
少しでも、便秘の改善・解消の参考に、なればと思っています。

【目次】

スッキリでない排便、これって便秘?

便秘とは、4〜5日以上、排便がないことを言います。
この便秘も個人差があり、毎日便通があっても、便が硬かったり、不快感があり、スッキリしない場合など、これも便秘と言えます。
また、4〜5日、排便がなくても、悩むことなくスッキリしていれば、便秘とは言えない場合もあります。

便秘の原因って、何なんでしょう?

食べ物が胃に入ると、胃で消化され小腸に運ばれます。
小腸から栄養分吸収し、大腸へ運ばれます。
大腸から直腸に運ばれ、直腸に運ばれると大脳に指令がいきます。
大脳に指令がいき、便意をもようします。
そして、トイレに駆け込みます。

これが、正常な働きなのですが、便秘は、腸の働きがにぶり、食べ物を長い腸の中を移動させることが、むずかしくなります。
これは、腸内の蠕動運動(ぜんどううんどう)の働きで、胃から小腸、大腸へと運ばれます。
この蠕動運動が、うまく機能しなくなると、食べ物が溜まり便秘になります。

この蠕動運動は、海の波のような感じでもあり、また芋虫が移動するときのような動きです。
この動きで、食べ物を胃から小腸、大腸へと運びます。

この蠕動運動は、すべて自律神経の働きで起きています。
自律神経は、意識して動かすことができません。
なので、自律神経が乱れると、蠕動運動が上手く機能しなくなります。

また、病気や服用している薬によって便秘になることもあります。
そして、生活習慣やストレスによって便秘になる場合もあります。
直腸に運ばれたとき、大脳に便意の指令が、上手くいかない場合も便秘の原因にもなります。

女性は、便秘になりやすい?

女性は便秘になりやすいです。
女性は男性に比べて、腹筋が弱いため、食べ物を送り出す力が、それだけ弱くなります。
そして、女性は、男性に比べて、多少腸が長いといわれています。
女性ホルモンとの関係と無理なダイエットもあるようです。
現在の生活習慣や食生活も影響していると思います。

便秘知らずで、スッキリ体質に変えるには?

食生活とストレス、生活習慣の改善で、ずいぶんと変わると思います。
ストレスをなくすのがいいのですけど、現代社会の生活・環境の中で、全てのストレスをなくすのは、ほぼ不可能だと思います。
無人島にでも行って、暮らすしかありません。
この無人島での暮らしも、ほぼ不可能だと思います。

では、どうすればいいか?
休日は、趣味に没頭する。
自然の中で、のんびりと過ごす。
などなど、あなたに合ったストレス解消法を見つけることが、重要ではないでしょうか?
これは、私事の考えなのですが、イヤな会社に無理して居るのであれば、無理していく必要もないと思います。

必ず、あなたに合った会社があるはずです。
他人事で大変申し訳ないのですが、これも一つのストレス解消法です。
少しでもストレスをなくし、自律神経の働きを正常化させる事も大切です。

食物繊維にも、バランスが必要?

そして、少しでも、便秘解消に繋がる食べ物を多く取る。
便秘の改善は、食物繊維と乳酸菌で、大きく変わると思います。
食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。
この食物繊維は、どちらかに片寄ると、逆に便秘に繋がります。

不溶性食物繊維と、水溶性食物繊維のバランスが大切です。
不溶性食物繊維が2に対して、水溶性食物繊維は、1の割合がいいようです。
水溶性食物繊維は便をやわらくし、不溶性食物繊維は水分を吸収し、量を増やします。

しかし、その日のメニューや食材の関係もあります。
そこまで、神経質になる必要もありません。
両方の食物繊維がとれていれば、便秘知らずです。
私も、そこまで意識していません。

これにプラスして、乳酸菌がとれたら、なおいいと思います。
乳酸菌というと、ヨーグルトを連想すると思います。
ヨーグルトには、植物性ヨーグルトと、動物性ヨーグルトがあります。

お店で売られているヨーグルトは、ほとんどが牛乳からできた動物性ヨーグルトです。
植物性ヨーグルトのほうが、動物性ヨーグルトに比べて、乳酸菌が強いといわれています。
ぜひ、植物性ヨーグルトをおすすめします。

また、自宅で無調製豆乳から作る植物性ヨーグルトの自家製豆乳ヨーグルトを、おススメします。
簡単に出来ます。

植物性のヘンププロテインってなに?

ヘンププロテインをご存知でしょうか? 麻の実を粉にして、作ったプロテインです。 麻というと、悪いイメージがありますが、ほんとに大丈夫なのでしょうか?

ヘンププロテインは違法?

大麻から採取できる成分には、2種類あります。
花穂や葉から抽出される成分のテトラヒドロカンナビノール(THC)と、茎や種子(実)からとれるカンナビジオール(CBD)とがあります。
この二つは、ハッキリと、区別されています。
違法なのは、幻覚を起こすテトラヒドロカンナビノール(THC)で、カンナビジオール(CBD)は、医療用に利用されており、違法ではありません。
このように、ハッキリと区別されています。

大麻取締法の第一条に、このようにあります。
第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

このように、「大麻草の種子及びその製品を除く。」とあります。
なので、ヘンププロテインは違法ではありません。

そもそも、違法であれば、商品自体も存在していませんし、輸入も出来ません。
戦前と違い、今の日本では栽培(が限定されています。)ができません。
なので、ほとんどが輸入です。

違法であれば、私も購入しませんし、おススメもしません。
それに、このヘンププロテインの実は、なんと七味唐辛子の中にも入っているそうです。

ちょっと、笑いますね。
なので、安心して、ご利用ください。

ヘンププロテインは、青汁?

ヘンププロテインは、青汁に似たところがあります。
青汁は、青臭い匂いがするのですが、このヘンププロテインは、い草の匂いかな?
畳の匂いかな?
そんな感じの匂いです。
でも、そこまで強烈な匂いではありません。

始めて、このヘンププロテインの匂いを嗅いだとき、おもわず畳に鼻を付けて、畳の匂いを嗅いでしましました。
確かに、畳のような匂いかも知れませんが、そこまで気になる匂いでもありません。
ほんの僅かに、あ〜そんな匂いがするかな?
くらいの、そんな程度の匂いです。

蓋を開けると、こんな感じです。↓

ヘンププロテイン画像01

最初、水に溶いて飲んでみたのですが、気になる匂いも味もなく、すんなりと飲めました。
青汁が苦手な人は、多少気になるかも知れません。
人それぞれ、千差万別です。
しかし、そこは付け加える物で、十分対応できると思います。

そして、ヘンププロテインは水で溶いても、数秒間放置していただけで、底に沈殿します。
完全に溶けると、いうことはないようです。
なので、今は自家製の無調製豆乳から作った、ヨーグルトに混ぜて、食べています。
ヨーグルトに混ぜると、底に沈殿するとことはなくなります。

ヘンププロテイン画像02

ヘンププロテインの食物繊維は?

このヘンププロテインは、食物繊維が豊富に入っています。
不溶性食物繊維と、水溶性食物繊維が含まれています。
なので、便秘知らずの体質になりスッキリ感が得られます。

そして、
・解毒作用
・ダイエット効果
・美肌効果も

現代の女性に不足がちな栄養素も、含まれています。

見にくいですけど、こんなのが入っています。↓

ヘンププロテイン画像03

ヘンププロテインはサプリメント?

プロテインと聞くと、筋肉を増やすために、利用されるイメージがあります。
あなたも、そのようなイメージを、お持ちでは、ないでしょうか?

しかし、このヘンププロテインは、筋肉を作るためというようり、健康や美容・ダイエットのサポートに向いているのでは、ないかと思います。
プロテインというより、サプリメントの要素が、大きいとのではないでしょうか。
私も筋肉をつけるというより、健康のために豆乳ヨーグルトに混ぜて、食べています。

まとめ

便秘の原因は、食事と生活習慣にあると思います。
健康は食事で、ずぶんと変わります。
欧米にかたよった、欧米中心の食生活に問題があると思います。

そもそも、欧米の食生活は、日本人の体にあっていないと思います。
あなたも、そう思いませんか?

日本には、本来の食文化があります。
みそ、しょうゆ、漬け物に焼き魚、すばらしい食文化があります。
みそ・しょうゆ・漬け物にも、乳酸菌はふくまれています。
(注意:大量生産で作られた漬け物には、乳酸菌はほとんど含まれていないとおもわれます。八百屋さんで売られているような、手作りでぬかから付けた漬け物に限ります。)
食生活を見直すことと、不足している栄養は、このヘンププロテインで補い、便秘知らずの体質に改善し、スッキリした毎日にしたいものです。

↑ PAGE TOP